ライトワーカーの特徴と仕事について知ろう

ヒーリング効果を与える存在

ライトワーカーというのは人々を癒やすために存在しています。その存在意義を理解した人は、人々をポジティブにするエネルギーを伝えることが出来る画家や作家などの仕事をする方が多いです。自分がライトワーカーであるか特徴を自分と比較して確認してみましょう。

ライトワーカーの特徴

感情移入しやすく共感能力が高い

ライトワーカーが地球へ転生してくる前に住んでいた星は、高次元となっていてテレパシーで会話が交わされていました。地球へ転生する前はテレパシーで会話していたため、その名残で地球に転生してもライトワーカーなら相手が今どんな気持ちや感情なのかを察知することが出来ます。

集団組織に合わない

権力を嫌うという傾向があるライトワーカーですが、権力が発生する組織も同じく好みません。本来人間はそれぞれ違う価値観を持ち、自由に生きた方が正しいということを知っています。なので集団組織の中に属することに疑問を感じたり反発心を抱いてしまいます。

人助けをする気持ちが人一倍強い

元々ライトワーカーは地球に住んでいる人々を救うために以前生活していた星を離れて地球に転生してきた存在です。なので記憶が無くても、その時の使命感や正義感が残っているため人助けする気持ちが人よりも強いと言えるのです。ボランティア活動等に積極的に参加していた方はライトワーカーである可能性が高いです。

よく夢を見る傾向にある

恐れからくるネガティブなエネルギーが地球には溜まっています。そのため、どうせ叶うわけがないと夢を持たない方が多くいますが、ライトワーカーは本質的な平和や平等を愛しています。そのため、夢を常に持ち続けて周りの人に力を与える存在でいるのです。

ライトワーカーの特徴と仕事について知ろう

水晶

精神的な成長が早い

小さいころからライトワーカーは自分が何故存在しているかや人生の意味について考えています。また宇宙に対して強い興味を持っていることが多くあります。このような思考を小さいころから働かせていて、他の人よりも精神的な成長を重視している人が多いです。

仕事について

周りと違うような考えを持って育ってきたライトワーカーは周りから変わり者という目で見られてきた方もいます。とても繊細で人の感情に敏感であるために、相手が考えていることや相手が自分に対してどう思っているかもなんとなく分かります。なので相手との対話を大事にしている医師や福祉関係の仕事に向いている方が多いです。

目覚め

先ほどは覚醒について説明しましたが、覚醒するためには自分がライトワーカーであると気付かなければいけません。そのための第一歩としは、自分に対して自信を持つことです。周りと違うことを気にしてしまいますが、それではいつまでたっても自分の事しか考えられずに、周りの人を癒やすという本来の使命にとりかかることが出来なくなってしまいます。

広告募集中